Copyright© AquaticSports BLUE_Balance All Rights reserved
上へ▲
 アクアティックスポーツ ブルー・バランスではPADIのCカード資格が得られます。
 そこで、PADI?Cカード?ライセンスとは違うのか?という疑問が出てきたでしょうか?
 まずは、Cカードについて説明いたします。

Cカードとは・・・Cカードの正式名称はCertification Card。つまり認定証の事です。 このCカードは「所有者
           は特定の期間、ダイビングに必要な知識と技術を取得した」ことを証明するものです。
           また、このCカードには「オープン・ウォーター・ダイバー」などのランクや「スペシャルティ・ダイ
           バー」など色々な種類があります。

 では、ライセンスでないCカードはスクーバ・ダイビングを行う上で必要なのでしょうか?
勿論必要です。 なぜならば、ダイビングを行なう際には、ルールを守り、安全に配慮して自分の責任において判断し行動することが前提になります。Cカードを取得するという事は、そこまでの能力を身に付けた証となります。 その証拠に、海に行かれた際にこのCカードを忘れてしまうと、ダイビングのご希望をお受けできない場合もあります。 あなたのダイブキャリアにあったサービスやアドバイスのためにも必要なのです。 その様なしっかりとした手順を踏まえた上で、ダイビングサービスの提供を受けないと、わが身のみならず周りの方々に危険を及ぼす可能性が出てきます。

PADIとは・・・ダイビング業界では一般的に、指導団体と言ってます。
          何をする所かといいますと、簡単に言えばダイバーでない人がダイバーになる為のカリキュラム
          や、そのダイバーがプロフェッショナルダイバー(例えばインストラクター等)までの、レベル向上
          する為のカリキュラムを作成し、教材の提供をしてくれる所です。 だから、頑張れば誰でもイン
          ストラクターになる事が出来るのですよ。
          日本国内だけでも数十個の指導団体が存在しますが、PADIは世界最大の規模を誇る、全世
          界に通用する指導団体なのです。
☆ダイビングフローチャート☆
体験プログラム
手軽にダイビング!
ノンダイバー向け
プログラムです。

※リンクページは右上の
 ×マークでで閉じて下
さいね。
スクーバ
ダイバー

PSD
・PADIプロフェッショナルと一緒でないとダイビングを楽しむ事が出来ません。
講習内容はコチラ
講習費用は要相談
オープン
ウォータ
ダイバー

OWD

☆初心者のランクです。
ダイバーへの道はここから始まります。 

バイクの免許で云うと原付バイクです。 スピードを出してはいけませんし、行動範囲も非常に狭いです。 
講習内容はコチラ
モデルスケジュールと
講習費用はコチラ

エマージ
ェンシー
ファースト
レスポンス

EFR
○身近にある危険に対処できますか?

患者のケガの状態を判断し、簡単な救急手順から蘇生方法を学ぶコースです。即、実践に活用できますよ。
講習内容はコチラ
講習費用:26,250-
スペシャルティコース
講習費用:¥10,500から
・ボートダイビング
・ディープダイビング
・器材
・ドライスーツ
・水中ナビゲーション
・浮力コントロール
・ナイトダイビング
・ドリフトダイビング  etc.
アドバンスド
オープン
ウォータ
ダイバー

AOW

☆☆初級者のランクです。
かなり、ダイビングが楽しくなっている事でしょう。 

バイクの免許で云うと、小型自動二輪位のランクです。高速道路へのデビューはまだですね。
講習内容はコチラ
講習費用:\31,500-
ダイブマスター
DM

ダイビングの技術と知識をしっかりと身に付けたプロフェッショナルの資格です。

バイクのツーリングのリーダーとしてグループを楽しく牽引する能力を身に付けています。
講習費用:\73,500-
マスター
スクーバ
ダイバー

MSD

☆☆☆☆
アマチュア最高峰!
云わずと知れた上級者ダイバーです。
遊びの達人です。

バイクの免許では、大型自動二輪位のランクで、安定感抜群です。 みんなの憧れの眼差しの中を格好良く疾走しましょう!
認定条件はコチラ
申請費用¥10,500-
レスキュー
ダイバー

RED
☆☆☆
中級者のランクです。
安全管理もしっかり出来る、事故を起こさない立派なダイバーになりました。

バイクの免許では、中型自動二輪位のランクで高速道路もOK!遠方へのツーリングも楽しめます。
講習内容はコチラ
講習費用\42,000-

   

                            
   ※講習費用について・・・OWD、AOW、EFR、RED、DMにつきましては、
                  すべて教材込みの価格となっております。(税込み)
                  スペシャルティ単品には教材代が別途必要となります。
                  講習費用には海洋の実習実費が含まれておりません。
                  実習実費につきましては、行き先や日程・期間により
                  異なりますので、その都度、お問い合わせ下さい。
                            
インストラクター
INST
★★〜


名の通り、インストラクターの資格です。
2年位真剣に頑張ってダイビングを続けていると誰でもインストラクターに成れると思います。

バイクでは、教習所の教官にあたる資格でしょう。
STEP,1:説明を聞く!
・まずは、当店にてしっかりと説明を聞い
 て下さい。(メモを取る勢いで!)
 これと言ってご用意いただく物はあり
 ませんが、30分程度のお時間と、も
 し、お申し込む気満々であれば、お申
 し込み金の準備をお願い致します。
  逆に、質問の内容などを考えておけ
 ば、寄りご理解いただけると思います
 よ。
              
            
      
STEP,2:お申し込み♪
・しっかりとご理解いただき“よし!やっ
 てみよう”と思われたら、お申し込み
 下さい。 ちょっとでも疑問や不安、不
 信な点がありましたら、遠慮なくしっか
 りと質問して下さい。 それでも解決し
 ない場合は一度、冷静になってからお
 申し込みいただく事をお勧めいたしま
 す。 『時間がないし、また来るのが面
 倒くさいから〜』等の理由でお申込を
 するのはお勧め出来ません。
  尚、健康に問題がある方は医師の許
 可が必要となります。稀にお申込頂け
 ない事もありますのでご注意下さい。
 お申し込みは最低\10,500-をご用意
 下さい。(※お申込金はお返しする事は
 出来ません!)

                                               ↓

↓                                                     .
※上記フローチャートでOWDコースの講習内容のリンクは確認されましたか?
講習の内容を確認してから下へ行きましょう。まだの人はコチラで確認!
STEP,3:
レクチャー(学科講習)

・各自で予習をおこなっていただいた状態
 で、ご参加いただき。 マニュアルの5
 セクション+ファイナルエグザムをおよ
 そ、6〜8時間掛けておこないます。
 1日で修了させる方法もありますが2時
 間×3〜4日間で行なう方法が一般的
 です。
  決まった時間割がありませんので、
 お客様とインストラクターの空いている
 スケジュールにご予約いただく方法で
 決めます。
 あと注意事項として、もし、予習を全く
 やっていない場合は、目安としてプラス
 5時間とお考え下さい。
STEP,4:プール講習

・プールも5セクションに分かれており、
 生徒ダイバーの体力とストレスにも
 よりますが、ダイビング専用プールに
 て通常は1日間で修了します。
 既存のスケジュールがありますが、
 どうしてもスケジュールが合わない
 場合はスタッフまでご相談下さい。
 出来る限り、期待に応えられるよう
 に致します。
  プールの追加講習を希望される
 場合は、追加の実習実費が発生致
 しますのでご注意下さい。
  
 
STEP,5:海洋実習

・PADIの基準上、4DIVE(4回のダイビ
 ング)を2日間でおこなわなければなり
 ません。  日帰りを2回か、1泊2日の
 日程でおこないます。
 既存のスケジュールもありますが、どう
 してもスケジュールが合わない場合は
 スタッフまでご相談下さい。
 実習地は和歌山が中心で海況により
 四国・日本海でおこないます。


        
◎OWダイバーコース料金は・・・・
通常価格:¥84,000-を今なら限定15名様まで¥15,750-(税込)で受講する事ができます。
※上記料金には、講習料・追加講習料・教材料(マニュアル・DVD教材・バインダー型ログブック・テーブル型RDP・専用ケース)
 ・実習実費(プール講習1回分と海洋実習4DIVE分が含まれます。宿泊が伴う場合は宿泊料・現地での食費のすべて。)・
 現地までの送迎(シートの楽なワゴン車にて無料サービスでおこないます)が含まれており。 使用教材ページへ
 
Cカード申請費用も含まれております。 OWコース安さの秘密は『畑さん、本音の部屋』を参照!
 ※別途、ダイビング器材代が必要となります。
  器材は
ディスカウトプライス&独自の買取システムにてご購入頂けます。

 OWダイバーコースに必要な基本器材、即ちスクーバダイビングを行う上で必要な器材の説明は
こちらです。